柔道ニュース



● 力比べ決着 増加懸念 柔道新ルール 脚取り完全禁止


国際柔道連盟(IJF)が来年2月から新ルールを試験導入する。

2010年のルール改正から1段階進め、脚取りは完全禁止。

畳の上で裁く審判員を3人から1人に減らし、映像を見る補佐役を2人置く。

寝技は現行より5秒少ない20秒で一本、15秒で技あり、10秒で有効に変更。

旗判定は廃止し、延長戦は勝負がつくまで続ける。

とくに選手が対応を迫られそうなのが脚取りの完全禁止だ。

全日本柔道連盟(全柔連)審判委員会の西田孝宏副委員長は

「(上半身しか攻防に使えない)レスリングのグレコローマンみたい。

小さい者が大きい者を倒せなくなってしまう」と、力比べで勝敗が決まる試合の増加を懸念する。

2日に閉幕したグランドスラム東京大会でも、積極的に寝技を仕掛けるなど、

新ルールをにらんだ攻防が見られた。

男子60キロ級で決勝を肩車で一本勝ちした高藤直寿(東海大)は

「背負い投げ、寝技をしっかりつくらないと」と反省しきり。

井上康生監督も「高藤は大幅なモデルチェンジが必要」と、くぎを刺した。

ロンドン五輪で男子66キロ級の海老沼匡(パーク24)の試合で旗判定を覆すなど介入が目立ち、

今年の流行語大賞の候補にも入ったジュリー(審判委員)。

その権限は、大きく制限される。審判にはまず補佐役が意見し、

ジュリーは大きな混乱やミスがない限り介入しない。

だが、「補佐役2人が口を出すなら同じこと。外から何度も判定が変えられたら、

見ている人は『あの審判はなんなんだ』ということになる」と西田副委員長。

畳の上で目を光らせる人数が減ることで、余計に判定変更が増えて混乱する危険性もある。

新ルールは来夏の世界選手権(リオデジャネイロ)まで試し、

結果を見て、本格導入するかどうかを決める。

IJFのビゼール会長は「われわれは時代に合わせ、柔道の伝統、

精神にできるだけ近づけるようにルールを変えている」と説明している。 








inserted by FC2 system